多重債務などで債務整理をした場合、金融事故歴

多重債務などで債務整理をした場合、金融事故歴アリのブラックとしてJICCやCICといった信用情報機関に登録されます。
なお、この期間ですが、JICCのケースでは、任意整理、個人再生、自己破産のどれもがおよそ5年の保存期間になります。
あるいは、CICでは債務整理の方法によって期間が変わり、自己破産ならば約5年、任意整理や個人再生で借金を処分した人は、情報は登録されないようです。この期間はブラック状態なので、借り入れできなくなるといった問題があります。
もし、債務整理で借金を整理しようとした場合、いったいどのくらいの時間を費やさなければならないのでしょうか。

 

 

 

債務整理には任意整理や特定調停などの種類があり、どの方法で債務整理を行ったかによって時間も変わります。でも、基本的にどのような債務整理の方法でも、短くても3か月はかかると覚悟しておきましょう。
当然ですが、債権者の数が増えると手続きにも時間がかかりますから、1年、またはそれ以上かかることも珍しくありません。

 

 

 

任意整理の場合は無関係で、個人再生の場合は基準が甘いので、問題となることは大してありませんが、自己破産により債務整理を行う人は、財産隠しは決してやってはいけない事の一つに挙げられます。

 

 

法律で破産申立の時にどれくらい現金と資産を持つことができるかは上限の規定があります。基準を超えた分は処分しなければいけないのですが、もし隠していた事がばれてしまうと免責が承認されないだけではなくもしかすると詐欺罪に問われるという事もありえます。
債務整理は、増えすぎた借金を整理するために重要な方法ですが、長ければ半年ほどの間、手続きが行われることになるでしょう。

 

中には、この期間中にも資金が足りなくなり、再び借金をしたいと考える人もいるでしょう。

 

ですが、どこかで借入するようなことは、どのような事情があっても止めましょう。

 

 

このような行動が明るみになってしまうと、裁判で不利にはたらき、免責許可が下りず借金の支払義務だけが残ることもないとは言い切れません。

 

法務事務所や法律事務所に債務整理を依頼しようとして、引き受けることができないといって帰されることがあります。
普段、債務整理以外の用件(企業法務など)を専門としている事務所や、もし自己破産で借金ができた経緯が免責不許可に相当すると思われる場合は、受け付けて貰えないでしょう。

 

断られた理由が経験の有無であれば、最近増えている債務整理に特化した法務事務所や法律事務所というのを探せば良いのです。

 

近頃はネットにも情報が多く、24時間いつでも見つけることが可能です。

 

 

過去に債務整理をした事実に関する記録は、ある程度の期間残ります。この情報が消えない間は、借入が不可能です。
情報は年数が経過すれば消えることになっていますが、それまでは誰もが見ることができる状態で残されています。

 

 

 

債務整理といっても実際は3種類に分かれていて、裁判所を介さない任意整理のほか、個人再生、借金が免責になる自己破産があります。
中でも個人再生と任意整理では、本人に収入がなければ選択することはできません。

 

というのは、それらは借金の減額を目的としているため債務そのものは残るわけです。払い続けていくためにも収入が求められるのは当然でしょう。

 

 

自分は個人再生をしたために家のローンの支払いが相当楽になりました。それまでは毎月支払うのが難しかったのですが、個人再生で助けられたことではるかに返済金額が少なくなり、生活に余裕が生まれました。迷わず弁護士に相談してみて良かったと本当に思っています。

関連ページ

ブラック状態は避けられない債務整理ですが、任意整
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
どういった種類であれ債務整理を行えば、CIC、JI
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
任意整理の場合、債務の一部を清算することになりますが
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
債務整理を弁護士や司法書士に任せたいにも関
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
債務整理の際には、弁護士や司法書士などに依
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ