ブラック状態は避けられない債務整理ですが、任意整

ブラック状態は避けられない債務整理ですが、任意整理であれば住宅ローンやその他のローンも組める可能性が残ります。

 

任意整理では、自分のできる範囲で返済を続けていきますし、裁判所も通さないので官報に公告されることもありません。

 

仮に、過払い金が発生していたら、過払い金を請求できますし、そのお金で借金を払い終えることができるかもしれません。

 

この場合は、信用情報機関にブラックとして登録されるようなことはないでしょう。
信用情報機関によって管理されている事故情報(俗にブラックリストとも呼ばれる)の中からどれくらい経てば債務整理の情報が消えるかというと、どうやって債務整理をしたかで異なります。

 

任意整理、個人再生、特定調整のどれかだったなら完済してから5年程度が経過した頃まででしょう。自己破産の場合は免責が裁判所に認められてから約7年だと思えばいいでしょう。

 

 

 

ただし、目安以外の何物でもないため、信用情報機関に情報開示を申し込んで確認してみれば間違いないでしょう。借金地獄に陥ってしまった人の一部には、その原因がうつ病だという人も意外と多いのです。働くことができずに借金を繰り返したり、生活費を工面するために借入を繰り返した結果、債務が膨らんでいたとは、誰にも言いたくないことですから、辛い思いを一人で抱え込みやすいと言えます。

 

こうした問題のためにうつ病を発症したり、悪化したりすることも多いようです。免責を目的とする自己破産や、債務が大幅に減額される個人再生を行う際は、債権者全部が対象ですが、裁判所を通さない任意整理の場合は、文字通り対象を任意で選択し、1つずつ処理していくので、3件あれば3件とも対象にすることもできますが、ふつうは減額幅の大きな債権者に対し任意整理の申立をします。しかし、任意整理の申し出はあくまでも「お願い」ですから、もし債権者がいやだと言えばその債権者に対する債務は減額されません。

 

債務整理の中でも、任意整理や個人再生を行う場合、お金を借りている債権者の同意を得る必要があります。

 

もし、任意整理を考えているのなら、対象となる債権者を選択し、個別に同意を得る必要がありますが、強制力はありませんから、交渉を拒否する債権者が出る場合もあります。
もし、個人再生をした場合は、すべての債権者を対象にしますが、過半数の債権者が反対した場合は、個人再生に失敗してしまうでしょう。
成功報酬に充当するために債務整理の手続き中に弁護士事務所にせっせと積み立ててきたお金は、成功報酬の精算が済んだあとは自分のところに帰ってきます。
借金を抱えているのに積立なんてと思うかもしれませんが、結局は成功報酬になるので無駄ではありませんし、手続き期間中に本来は返済するはずだったお金をムダ遣いせずに済むという利点があります。

 

 

なるべくなら行っておくことをお勧めします。債務整理を依頼する上で必要なお金というと、手始めに着手金、次に成功報酬、印紙や交通費、切手代などの実費です。もし任意整理という方法をとった場合、減額できた額に応じた成功報酬が必要で、同じ成功報酬制でも個人再生は、成功報酬は先に決めるというシステムです。

 

 

 

最後に自己破産についてですが、裁判所から免責決定が下りたところで規定の成功報酬を払うことになります。

 

きちんと債務整理を完了したとしても、ある程度の時間が経過しなければ、クレジット会社の審査をパスしたりローンを利用することもできなくなると理解しておいてください。その理由は、借金を債務整理によって整理したとなると、信用情報機関に事故歴アリとして残ってしまうためです。
約5年間はブラックリストに名前が残り続けるので、時間を置く必要があります。

関連ページ

どういった種類であれ債務整理を行えば、CIC、JI
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
任意整理の場合、債務の一部を清算することになりますが
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
債務整理を弁護士や司法書士に任せたいにも関
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
債務整理の際には、弁護士や司法書士などに依
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ