銀行や信販会社等が保有している

銀行や信販会社等が保有している個人信用情報には、債務整理をしたという履歴が残ることはご存知でしょう。転職や就職の際は気にすることはありませんが、業種によっては注意が必要です。それはいわゆる金融系の、個人信用情報に敏感な業種に就職する際には支障が出るかもしれないということです。債務整理をしたという記録が残っていれば、状況次第ではそれが元で採用を見送るケースもあります。
どう対処するかは会社によって違うでしょうから、個人ではいかんともしがたい問題です。

 

任意整理で和解に達しても、借金が残るので、返済していく必要があります。

 

手間暇かけて債務整理をして、やっと和解に達したのに、思ったほど減額されなかったりする結果になり、がっかりしたという声もないわけではありません。こんなはずではなかったと後悔しないよう、債務整理を行う前には充分な検討が必要です。無償でこのような内容の相談に乗ってくれる法務事務所や弁護士なども最近は多いですし、専門知識のある人のアドバイスを聞いてみるのも良いでしょう。複数の方法が債務整理にはありますが、個人再生や自己破産で借金を処分したのなら、名前と住所が官報に載ります。官報は国の発行している新聞のようなもののことで、自己破産ならば二度掲載されますし、または、個人再生のケースでは債務整理中に三度、官報に掲載されます。公告期間は1ヶ月あるのですが、身近なものではありませんし、ほとんどの人は閲覧しません。

 

もし任意整理を行ったのなら100%掲載されません。

 

利息制限法にのっとって過払い金を算出し、今の債務額と相殺を行うことを目指す債務整理のことを特定調停と言います。

 

ちなみに過払いした額が債務の額より多い場合は、特定調停の場ではそれを返金してもらえるということはなく、単に負債が無くなるというだけです。

 

 

 

もし過払い金が戻ってくる可能性が高いと判明しているのであればこうした特定調停はやらずに、最初から過払い金請求を行った方が良いでしょう。

 

法務事務所や法律事務所に債務整理を依頼しようとして、受け付けてもらえないケースがあります。普段、債務整理以外の用件(企業法務など)を専門としている事務所や、自己破産の借金が発生した理由がもとで免責決定が得られそうにないときなどが考えられます。

 

断られた理由が経験の有無であれば、債務整理で実績を上げている司法書士や弁護士を見つければ、すんなり引き受けてもらえるでしょう。

 

最近ではインターネットで時間を気にせず探せますし、費用などの目安もわかります。

 

債務整理をすると、このことがJICCやCICなどの個人信用情報機関の金融事故歴に残ります。
記録が消えるまでは、JICCの場合、債務整理の種類に関係なく、約5年ほど記録が残ります。また、CICならば、自己破産の情報は5年、その他の方法、例えば任意整理や個人再生のケースでは金融事故扱いになりません。

 

この期間はブラック状態なので、借り入れできなくなる可能性が高いです。債務整理をしたことがある友人からそれについての経緯を教えてもらいました。毎月ずいぶん楽になったということで本当に良かったです。
私にも複数の借金がありましたが、今は全部返済し終えたので、私には関係ありません。債務整理には難点もありますから、返済が完了していて良かったです。
増えすぎた借金を債務整理で清算すると、クレジットカードの更新日以降、利用不可になるケースがあります。

 

 

 

ご存知のように、債務整理をするとその貸金業者が加盟している信用情報機関に金融事故として記録され、クレジット会社もこの情報を元に更新不可と判断するためです。

 

 

まだ更新日になっていなくても、利用停止の措置がとられるかもしれませんから、クレジットカードを使って引き落としているのならば、あらかじめ別の手段を考えておきましょう。

2017/05/08 23:17:08 | 前提が崩れて
債務整理と名のつくものは自己破産であれ任意整理であれ自分で手続きしようと思えばできるのでしょうが、賢明な選択とはいえないと思います。仮に任意整理を自分でしようと思っても、借りた側が貸した側に借金の減額を求めるのですから、拒絶は目に見えていますし、個人再生のように判断が裁判所に委ねられているものは、申立書はもちろん再生計画案などの書類作成から計算までを一人でやるわけです。手続きの点では個人再生より自己破産のほうがもっと大変でしょう。ですから債務整理というのはやはり実績のある弁護士や司法書士にお願いするのが妥当なのです。一般的に、債務整理をしたら信用情報機関に、金融事故としてこの情報が残ってしまう...
2017/04/16 04:07:16 | 前提が崩れて
銀行からお金を借りている時は、個人再生をするとその銀行口座を凍結される可能性があります。故に、事前にお金を引き出しておいた方が利口です。銀行はリスクマネジメントを行い、口座を凍結してそのお金を使えないよう処理します。口座が凍結されるのはあんまりだと思うかもしれませんが、銀行サイドからすれば、反論を受け付ける必要はないことです。これまでに債務整理で借金を整理した経験がある人は、これからもお金を借ることができるのどうかは、誰しも気になる問題でしょう。法律では、債務整理者の借入の制限がかかるようなことはありません。ですから、借入できる可能性はあります。ただし、銀行のローンや多くの消費者金融からお金を...
2017/03/25 12:27:25 | 前提が崩れて
何歳になっても再スタートは切れます。債務整理をする際に何歳であるかは関係ありません。債務整理を行う対価はクレジットカードの使用不可やローンを組むことができなくなるということくらいで、豪勢な暮らしは難しいですが、他は平均的に毎日を送れます。ある程度年を重ねた方も元の状態に戻るまでは5年ですので、借金に悩まされているのだとしたらとにかく債務整理を行い新しいスタートに備えましょう。カードローンはいざという時の助けになりますが、使い過ぎた結果、借金が膨らんでしまうことがあります。返済不可能なまでに借金がかさんだ場合には、債務整理を検討してください。任意整理は裁判所を通しませんが、そのほかの債務整理なら...
2017/03/03 20:29:03 | 前提が崩れて
いかなる債務整理の場合も手続きに着手した時点から債権者である金融機関からの連絡や督促などは止みます。とは言うものの、自己破産や個人再生のように裁判所を介して行うものは借入先全部が手続きに含まれますが、裁判所を通さない任意整理という手続きでは、あらかじめ選択した債権者のみに減額交渉を行います。ですから対象外の借入先からの督促や取り立ては続くと思ったほうが良いでしょう。返済の約束を反故にして裁判を起こされたり、既に訴状が届いている場合も、必要に応じて債務整理をすることはできます。ただ、原則として可能なのは訴えを起こした相手を交渉対象とする任意整理であり、手続きを開始すると訴訟を取り下げてもらえると...