債務整理と名のつくものは自己破産で

債務整理と名のつくものは自己破産であれ任意整理であれ自分で手続きしようと思えばできるのでしょうが、賢明な選択とはいえないと思います。

 

 

 

仮に任意整理を自分でしようと思っても、借りた側が貸した側に借金の減額を求めるのですから、拒絶は目に見えていますし、個人再生のように判断が裁判所に委ねられているものは、申立書はもちろん再生計画案などの書類作成から計算までを一人でやるわけです。

 

手続きの点では個人再生より自己破産のほうがもっと大変でしょう。ですから債務整理というのはやはり実績のある弁護士や司法書士にお願いするのが妥当なのです。
一般的に、債務整理をしたら信用情報機関に、金融事故としてこの情報が残ってしまうはずです。よく言うブラックリストに載ってしまっている状態なので、しばらくは銀行や金融機関のローンやサービスを使うことができないでしょう。

 

 

どのくらいの期間かというと、債務整理では、ブラック状態が解消されるまでに5年は必要になります。

 

一人で債務の返済に悩むのは良くないです。

 

債務整理に関する相談を無料で受け付けているところは少し探せば沢山あることがわかるでしょう。自治体でも相談を受け付けていますし、国民生活センターならびに消費生活センターといった機関や、地域ごとの弁護士会、日本司法書士連合会、法テラスといった団体にも相談員が置かれて対応にあたっています。

 

 

個人の司法書士、弁護士事務所でも同様の無料相談サービスを提供していることは多く、まずは相談するのが生活再建の第一歩でしょう。

 

もし、債務整理を行っても、本人以外の身内が不利益を被る点については、心配いりません。家族名義の財産が没収されたり、銀行のローンや借入ができなくなるようなことはありません。

 

 

 

でも、もし保証人が家族の名義になっている場合は、全く事情が異なります。

 

債務整理をすると、保証人である家族が返済義務を負うことになるので、安易な債務整理は厳禁です。

 

仮に今ある借金を債務整理で処分しても、本人以外の家族が不利益を被る可能性は低いです。

 

 

家族に債務整理の経験者がいる場合も、その影響を受けるのは債務整理をした当事者だけなので、家族は従来通り、キャッシングやローンを組むことも問題ありません。

 

 

けれども、注意してほしい点もあります。保証人が家族の場合は、その家族が本人の債務を負うことになるため、注意が必要です。結婚前に債務整理をしている人は、結婚したからといってブラックが解消されるようなことはありません。

 

 

 

審査の時には名前だけを確認するのではなく、その他の情報を照らし合わせて信用情報に事故歴がないのか調べます。
つまり審査では名寄せが行われているのです。

 

ですから、結婚して苗字が変わったとしても、金融機関のサービスには制限がかかり続けるでしょう。

 

債務整理の際に、思わぬ切り札になるのが過払い金です。この過払い金とは、つまり業者に返済し過ぎた利息のことです。
2008年の法改正以前は、多くの貸金業者がグレージーン金利と呼ばれる高金利でお金を貸し付けていました。

 

 

 

そのため、融資を受けた人は高い利息をつけて返済していました。これが過払い金と呼ばれるものです。もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、今の借金の返済に充てることができるでしょう。

 

 

 

債務整理をするとブラックリストに載ると言いますが、例えば子供のための教育ローンは使えるのでしょうか。一口に教育ローンといっても、民間の金融機関のサービスと、国の教育ローンである日本政策金融公庫提供の教育ローンがあります。

 

 

 

どちらの機関もブラックリストの情報を共有しているため、ブラックになっていると教育ローンは諦めるしかありません。

関連ページ

いかなる債務整理の場合も手続きに着手した
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
銀行からお金を借りている時は、個人再
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
何歳になっても再スタートは切れま
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ