借金が多くなってしまって任意整理をすることになった

借金が多くなってしまって任意整理をすることになった場合、また新たに借り入れをしたくなったり、カードを作りたいと思っても、情報が信用機関に残ってしまうため、審査を通過せず、当分の間はそのような行為を行うことはできないのです。借金癖のある方には、すごく厳しい生活となるでしょう。手持ちの現金がなくても買い物ができるクレジットカードは便利ですが、買い物に使い過ぎたら借金地獄に陥る可能性があります。そのような時には債務整理をすれば、増え過ぎた利息や元本を減らしたり、返済が可能な範囲に収めて可能な範囲で返済を続けることができます。
しかし、債務整理をした結果、カードが利用停止になりますし、返済できなかった品物は、クレジット会社によって引き上げの対象になるかもしれません。きちんと債務整理を完了したのなら、金融機関のローンや借入は、またできるようになるのでしょうか。

 

難しい問題ですが、しばらくの期間は金融機関から融資を受けることはほぼ不可能になるでしょう。一度でも債務整理をすると、事故歴アリとして信用情報機関に5年は登録されるため、ブラック状態の間は、例えばETCカードを買うことも諦めるしかありません。債務が免責になる自己破産や、大幅減額になる個人再生の場合は債権者全員を対象として行いますが、任意整理の場合は1債権者ごとに個別に行います。債権者一箇所ごとに費用がかかるので、全部の債権者を対象とするのではなく、普通は減額効果の高い相手を選んで行います。

 

そんなに債務がないところまで債務整理の対象とすると、債務整理をお願いした弁護士(司法書士)に対する依頼料が嵩み、減額と釣り合わなくなってしまいます。個人が債務整理を行った際には、金融機関の個人信用情報データベースにその記録が残ることはご存知でしょう。

 

転職や就職の際は気にすることはありませんが、業種によっては注意が必要です。例えば金融業界など、個人信用情報を閲覧できる会社に転職や就職したいときです。
過去に債務整理を行っていたのがわかると、ときにはその経歴に不審を持たれ、不合格にする可能性も否定できません。いずれにせよ、個人ではいかんともしがたい問題です。過去に債務整理をした事実についての記録は、かなりの間、残ります。この情報が残ったいる期間は、借入が不可能です。
情報は何年か経てばいずれ消されますが、それまでは見ようと思えば誰でも見られる状態で残ってしまいます。

 

 

 

任意整理には無縁であり、個人再生には緩い基準しかないため、大した問題とはならないものの、債務整理を自己破産で行う時には、財産隠しは禁忌の一つです。

 

破産申立の時に所持が許される現金と資産は法律で上限の取り決めがあります。基準を超えた分は処分しなければいけないのですが、もしも隠していた事が知られれば免責が認可されないのはおろか悪ければ詐欺罪の疑いを持たれてしまいます。

 

 

債務整理と一言で述べてもたくさんの種類が選択できるのです。個人再生とか特定調停、自己破産や払い過ぎたお金の請求など多彩です。どれも毛色が違うので私はどれをえらべばいいのかというのは専門家に相談して決断するのがいいと考えます。

関連ページ

ついつい借金をしがちで、債務整理は何度でもできるの
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
当然ですが、債務整理を専門家に依頼すれば費用が
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
自己破産をする際、身の回りのものや生活を建て直す
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
債務整理は全て自分自身での手続きができない事もないので
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ