多重債務を抱えて、債務整理をするしかないという人の中に

多重債務を抱えて、債務整理をするしかないという人の中に

多重債務を抱えて、債務整理をするしかないという人の中には、重度のうつ病が多重債務の要因になったという人も少なくありません。たとえば、職に就けないまま借金し、滞納を繰り返したり、生活が苦しくなって借金していたら多重債務者になっていたということは、相談しにくいことですから、一人で悩みを抱えてしまうという人が多いのもまた事実です。

 

こうした背景がある為に、うつの症状がもっと酷くなるといったケースもあるようです。

 

 

仕事に悪影響が及ぶのではないかと心配で、借金を抱えたままになっている人がいますが、実際のところ、債務整理の事実が会社に伝わることは少ないです。
なお、任意整理のケースでは確実に伝わることはありません。
その他の債務整理を行ったとしても、担当の弁護士や司法書士と打ち合わせをしておけば、会社に知られることなく債務整理を終わらせられます。むしろ、借金を背負ったままの方が、会社に発覚する可能性が高いでしょう。債務者が支払不能になるおそれがある時に、過払い金を利息制限法に従って再計算し、今の債務額と相殺を行うことを目指す債務整理のことを特定調停と言います。ただ注意すべきことに、過払い額が負債額より大きいときはこの特定調停という制度ではそれを返金してもらえるということはなく、単純に借金がなくなるだけです。ですから過払い金の額のほうがどう見ても多いと判明しているのであれば特定調停は避け、返還が期待できるという意味で過払い金請求を行うほうが良いのです。
債務整理をしたことの記録は、ある程度長期間残ります。
この情報が存在する間は、借金ができないのです。情報は年数が経てば消去されますが、それまでは見ようと思えば誰でも見られる状態で残されています。

 

 

 

私は個人再生としたおかげで、月々にかかる住宅ローンの支払いがとても軽くなりました。以前までは毎月返済するのが辛かったのですが、個人再生で助けられたことではるかに返済金額が少なくなり、生活に余裕が生まれました。

 

遠慮せず弁護士に相談してみて良かったと心から思っています。

 

まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、ローンの名義人が自己破産ということになると、返済中でも契約は解除され、売った代金を返済に充てるために、家や車は売ることになります。
但し自己破産以外の個人再生や任意整理では、住宅ローンなどの契約は保全され、減額対象とはならないのが普通です。つまり月々の支払いさえ遅滞なく行っていれば問題ないわけで、返済金捻出のために家や車等を売る必要もなく、強制されることもありません。
どういった債務整理であれ、結果が出せるまではそれなりの時間がかかるものです。

 

 

債務整理の一種である任意整理の場合は、弁護士事務所や司法書士事務所といったプロに依頼し、債務整理の処理を始めると、減額の折り合いがつくまでには、3か月ほどかかるのが普通で、半年以上かかるなんてことも時にはあります。また、この期間中は取立てや連絡行為全般が禁止されていますが、訴訟を起こしてくる債権者もいます。
任意整理をやっても、デメリットなんてたいしたものはないと思われる方もいると思いますが、実際にはしっかりとあるのを知っておられますでしょうか。それは官報に載るということです。つまりは、他人に知られてしまう可能性もあるということです。
これが、任意整理というものの、最大のデメリットだという風に言えるかもしれません。

関連ページ

ついつい借金をしがちで、債務整理は何度でもできるの
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
当然ですが、債務整理を専門家に依頼すれば費用が
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
借金が多くなってしまって任意整理をすることになった
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
債務の減額のみならず、場合によって
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
親戚や友人が借金をしていて、その保証人に
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
保証人を設定している借金については、
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
支払いが滞ることで発生した遅延損害金や元々の金利など
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
自己破産をする際、身の回りのものや生活を建て直す
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
申請したり手続きをしたりという段階になったら、なるべ
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
債務整理は全て自分自身での手続きができない事もないので
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ