親戚や友人が借金をしていて、その保証人に

親戚や友人が借金をしていて、その保証人に

親戚や友人が借金をしていて、その保証人になっているとすると、もし債権者からの取立てがあってもそれを拒んで債務者の方に行かせることができます。

 

 

しかしながら、債務者が自己破産や個人再生を行って債務整理をし、返済の一部や全部を放棄してしまうと、未返済の借金分について債権者からの取立てが保証人に対して開始されます。
この場合は支払わなくてはなりませんが、債権者に談判をして返済を分割払いにする事はできます。任意整理の場合、減額後も債務が残り返済義務があります。

 

弁護士を頼んでせっかく債務整理したはずなのに、減額幅が思いのほか少ないという人も実際にいるようです。

 

 

 

そんなことにならないためにも、債務整理に踏み切る場合は充分な検討が必要です。債務整理に関する相談を無償で受け付ける窓口として、法律事務所等がかなりありますし、専門知識のある人のアドバイスを聞いてみるのも良いでしょう。
理由はどうあれ債務整理を行うと、個人信用情報機関に何年かは記録が残るものです。

 

 

 

当然ながら新たな借入などは出来なくなるのはもちろん、現在持っているクレジットカード等も使えない状態になっているはずです。

 

 

それから、クレジットカードを新しく作成することもできないでしょう。
ただ、現在返済中の債務については、基本的に返済義務は残りますから、支払いがなくなることはありません。債務整理をしたら自動車ローンの審査に通らなくなるんじゃないかと不安に思う人も多いですが、実際、そのような事はないのです。少しの間、組めない月日が生じますが、その期日が過ぎると確実にローンを組めるようになるので、不安に思うことは何もありません。債務整理をすると、時間を置かなければ、キャッシングをすることも不可能になります。この状態は、債務整理の方法によって解除されるまでの時間が変わります。

 

とはいえ、安定した収入が望め、継続して今の勤務先に勤め続けているのなら、独自の審査基準を持つ業者ならキャッシングも可能かもしれません。

 

 

任意整理をした人であればこの可能性が高いです。さらに、個人再生、自己破産の順で可能性が低くなっていきます。
もし債務整理をしてしまったらその後一切の借金ができないかというと、そんなことはありません。ブラックリストに事故情報が残っていなければ借入をまた行える見込みはあります。けれども、現在進行形で任意整理を行っているのにさらなる借金をする事は決してしないでください。まず借りられない確率が高いことと、担当弁護士または司法書士がそのことを知れば、その後サポートしてくれなくなることも否定できません。どうしても返済が難しい時に大幅に債務が減額されたり、一切の債務を帳消しにもできるのが債務整理の特徴です。

 

 

 

しかし、自己破産や個人再生のように裁判所の決定を必要とするものの場合、官報へ住所氏名が記載されることは免れません。
官報と聞いてピンとくる人が少ないように、普段から見るものではないものの、官報といえば、ほぼ永久的に保管される記録ですし、公示公告の類は誰でも閲覧できるのが特徴です。いったん手続きを開始すれば後戻りはできませんから、債務整理をするにあたってはよく考えることが大事です。

 

安く済まそうと、個人で債務整理を行おうとする人がいますが、専門的な知識を十分に持っていることが必須です。他にも、書類の整理や実際の手続きで長期間拘束されることは確実です。ですから、債務整理をするならば、司法書士や弁護士などにお願いして、すべての手続きを行ってもらうのが良いと思います。

 

 

何と言っても知識が違いますし、場数を踏んでいる弁護士ならば無事に債務整理が終わるまでの時間も短くできると思います。

関連ページ

ついつい借金をしがちで、債務整理は何度でもできるの
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
当然ですが、債務整理を専門家に依頼すれば費用が
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
借金が多くなってしまって任意整理をすることになった
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
債務の減額のみならず、場合によって
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
多重債務を抱えて、債務整理をするしかないという人の中に
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
保証人を設定している借金については、
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
支払いが滞ることで発生した遅延損害金や元々の金利など
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
自己破産をする際、身の回りのものや生活を建て直す
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
申請したり手続きをしたりという段階になったら、なるべ
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
債務整理は全て自分自身での手続きができない事もないので
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ