保証人を設定している借金については、

保証人を設定している借金については、

保証人を設定している借金については、保証人は債務整理が行われると影響を受けます。債務整理を行った方法によってその影響は変わり、もし任意整理や特定調停なら書類の記入をしてもらうことにはなるものの、保証人は請求を受けません。

 

けれども、個人再生とか自己破産の場合には、債務者ではなく保証人への請求が債権者に認められるようになるため、全ての借金返済をその後は保証人がかぶらざるを得なくなります。

 

 

 

債務整理の中でも、裁判所を通す自己破産や個人再生をしたのなら、本人の名前や住所が官報に掲載されます。あまりなじみのない官報ですが、これは国の機関誌で、自己破産ならば二度掲載されますし、個人再生をした場合は三度掲載されます。掲載される期間は1ヶ月程度と言われていますが、一般家庭に配布されるものではありませんから、ほとんどの人は閲覧しません。

 

 

なお、任意整理をした人はそもそも裁判をしないので、官報には載りません。

 

俗に言うブラックリスト入り(事故情報が信用情報機関に記載されること)と、自己破産や個人再生では個人情報が官報に掲載されてしまうことが債務整理をすることによるマイナス面と言えるでしょう。

 

 

 

ですが、いくらか時間が経てば事故情報の記録は消去されますし、いつも官報をチェックしている人なんて極めて少数です。
他には、借金に際して保証人を頼んでいる時はその人がとても迷惑を被る事態は否定できません。

 

任意整理を行った場合、債権者と和解交渉で減額された金額を返済していきます。返済中にお金にゆとりが出た場合には、毎月の支払いのほかに繰り上げ返済を追加したり、一括で返済することもOKです。
もし任意整理を専門家に依頼していた場合は、債権者への連絡は、担当者から問い合わせてもらった方が良いと思います。
借金返済の目途が立たない場合、司法書士や弁護士に頼り、債務を免除してもらったり、軽減してもらう自己破産や任意整理などの対処をしてもらいます。
任意整理という処置でも、自宅などを保持しながら借金を返済する個人再生という選択もあるのです。負債額が減りますが、自己所有の住宅のローンなどは残りますので、注意がいります。債務者が行う借金の整理の形式に応じ4つの異なる方法により債務整理が可能です。

 

 

 

すなわち、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類のことです。どの方法も圧縮が可能な金額はどれくらいなのかや間に裁判所が入るか入らないか等、手続きが変わります。どの方法でも同様なのはある程度の期間、事故情報が信用情報機関に記載されるので、それが消滅するまでは新しい借金はそう簡単にはできないという事です。債務整理の際の注意点ですが、個人事業主が個人再生をした場合は、現金になっていない売掛金がある場合、それも財産の中に入ります。

 

 

仮に借金の総額が1000万円ならば、個人再生で200万円まで減額されると思います。

 

とはいえ、100万円の売掛金が残されているとして、100万円の5分の1の20万円を加算した結果的に220万円の債務が残ることになります。
個人再生手続きのやり方ですが、これは弁護士に任せるのが一番スムーズです。
弁護士に依頼することで、ほとんど全部の手続きを任せられます。
途中で裁判所へ足を運んだり、債権者と話し合いをする場合もありますが、複雑なことはほとんど弁護士に頼ることができます。

関連ページ

ついつい借金をしがちで、債務整理は何度でもできるの
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
当然ですが、債務整理を専門家に依頼すれば費用が
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
借金が多くなってしまって任意整理をすることになった
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
債務の減額のみならず、場合によって
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
多重債務を抱えて、債務整理をするしかないという人の中に
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
親戚や友人が借金をしていて、その保証人に
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
支払いが滞ることで発生した遅延損害金や元々の金利など
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
自己破産をする際、身の回りのものや生活を建て直す
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
申請したり手続きをしたりという段階になったら、なるべ
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
返せない借金があって債務整理を進めているところで
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ
債務整理は全て自分自身での手続きができない事もないので
債務整理を弁護士に無料で相談したい方へ